心の拠りどころはどこに? ~不換紙幣時代のカウンセリング~

前回のコラムで紹介した某都立高校で日本史の教師をしている友人と、授業見学後に昼食を共にし、授業に関しての話題に花が咲きました。 板垣退助が自由民権運動に勤しんでいる頃、松方正義が大蔵卿となり、松方デフレと呼ばれる緊縮財政を実施しました。その関連で、友人は財布から千円札を取り出し、兌換紙幣と不換紙幣の違いについて説明しました。「兌換紙幣は金と交換出来るから価値が有るのだけれども、不換紙幣は交換出…

続きを読む