トランジションの陥穽 ~人生の転機~

「人の転機の説明は、どうも何だか空々しい、その説明が、ぎりぎりに正確を期したものであっても、それでも必ずどこかに嘘の間隙が匂っているものだ、人は、いつも、こう考えたり、そう思ったりして行路を選んでいるものでは無いからでもあろう。多くの場合、人はいつのまにか、ちがう野原を歩いている。」(太宰治 『東京八景』) さすがに太宰は人生の転機というものをよく見抜いています。人生が上手く行っている時、人は…

続きを読む